FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

どうも。
なんかtwitterがフィルタリングされてるのか
開けないので、久しぶりにこっち更新。

前回がイスタンブールだったので、その後の行動を。
以下は全部宿泊した場所。他にも観光やらなんやらで
訪れた場所はあるけど、まぁ詳細に書くのもめんどいので。

イスタンブール

サフランブル

カッパドキア

トラブゾン

(グルジア入国)

トビリシ

テラヴィ

トビリシ

(アルメニア入国)

アラヴェルディ

イェレヴァン

(ナゴルノカラバフ入国?)

ステパナケルト

(アルメニア再入国?)

カジャラン

(イラン入国)

タブリーズ(夜行バス待ちのみ

テヘラン←今ココ


印象深いことをざっとあげていく。

・サフランブルの宿の人(もちろんトルコ人)の日本語がはんぱねぇ。
 ご馳走様です、っていったら、お粗末さまです、って返された。

・カッパドキア原チャリで観光して凍死寸前。

・トラブゾンでイランビザ楽勝ゲット。

・黒海は夜見ると黒い。多分どこの海もそうだ。

・トビリシで遭遇したシゲキさん。某ガイドブックの執筆者。
 あらゆる分野に対しての知識量がすさまじい。お世話になりました。

・グルジアの教会のコーラスは「セ~ガ~」っぽい。

・テラヴィで初のヒッチハイク。

・グルジア→アルメニアの国境からアラヴェルディまでヒッチハイクで乗り継ぎ。

・イェレヴァンの寒さと、それに耐えれる力をくれたグルジアの宿の寒さ。

・インドのクーリーで遭遇したナオキさんとイェレヴァンで再開。

・カラバフの我らの山像のほのぼのさと、それを国の象徴にしている微笑ましさ、むずがゆさ。

・足にしもやけ、このむずがゆさ。

・いけるだけ行こうと、イラン国境へヒッチやバスで向かい、最終的に手詰まりになって失笑。
 不思議と困惑も絶望もしなかった開き直り。
 そして、手詰まりの俺を何も言わず家に泊めてくれたアルマーンさんの優しさ。

・鼻声と妙な高さで話すイラン人が多いこと。多分言語的にそうしたほうが楽なのか。

・イラン人のついて来い、って案内してくれる親切さ。


ざっとこんな感じ。
詳細はまたそのうち、なんて言っても書くことはないと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さとす

Author:さとす
精神的な引きこもり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。