FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム(3) 2010 7月

フエ行きのバス待ち中。
忠犬。
IMG_1122.jpg


フエ。巨大な国旗。
IMG_1139.jpg


モモ。暑さに染み渡るおいしさ。
売り子のおっさんはベトナム産だ、と主張してたけど…
IMG_1131.jpg


箱にはキリル文字が。
IMG_1133.jpg


んで首都ハノイ。楽器屋。
IMG_1160.jpg


ハノイの町並み。
IMG_1213.jpg


新婚さんの写真撮影が街中で。
IMG_1278.jpg


底上げ。
IMG_1279.jpg


何とかっていう湖に浮かぶ島へ渡る橋。
カップルだらけだったけど、写真で見るとホラー系。
IMG_1182.jpg


ミュージックカフェへ。
ベトナムのフォークは素晴らしかった。
IMG_1243.jpg


ラオスの首都ビエンチャンへのダイレクトバス待ち。
IMG_1301.jpg


ラオスの国境オープン待ち。
大雨。
IMG_1307.jpg
スポンサーサイト

韓国 2010 7月

出発前最初の写真。武蔵。
残念ながら俺が旅行中に亡くなりました。
IMG_0582.jpg


バックパック。出発時。まだまだきれい。
これから過酷な運命が待ち受けているとも知らずに…
IMG_0696.jpg


姉の案内でプサン観光。
正直このあたりはまだ旅行してる感じはない。
IMG_0602.jpg


こういう表示が好きな人は多かろう。
当然俺もです。
IMG_0604.jpg


甥っ子。旅行最初は3歳。
この時点でも結構しゃべるようになったなー、と思ってたけど、ね。
IMG_0605.jpg


義兄と甥と俺。男3人で水族館へ。
うちの近所にはサメじゃなくて車が突き刺さったラブホがあります。
IMG_0631.jpg


さめー。
IMG_0639.jpg


ライブ見に行ったら、月に一度のヒップホップナイトだぜ、だと。
死にてぇ。まぁそれなりに楽しんだけど。
IMG_0675.jpg

ルアンパバーン

さて、久々に前回の続き。もう3ヶ月前っすね。



■7/30
まずは町を覚えるためにマップ持って街をウロウロ。

出かける時に宿のスタッフが、滝いかない?などと営業してくるが断る。
菅生の滝で充分だ。

プーシーと呼ばれる小高い丘から町を一望。
ラブリーな街並みっすね。

そう言えばハノイでテシュにプーシーって言ったら爆笑されたな。
たぶんプッシーに聞こえるんだろう。


■7/31
早朝。托鉢みようと外に出ると雨。
待っても数人の托鉢僧しか見れず。どうやら遅すぎたらしい。

日中はレンタサイクルでぶらり。
適当に動いてたら市場発見。突入。
中は薄暗くて怖かったのですぐ出る。

市場を出ると、バスで隣だったイングランド人に遭遇。
昨日滝に行ってきた、とのこと。有名なんだろうか。
まあ俺は菅生の滝で充分だ。二回目。

遠くに金色のパゴダらしきものが見えるのでそこへ行ってみる。
Wat Phonh Phao、という寺院。
中にはいると、チープでファニーなハードコア地獄絵図が壁一面に。
何という素晴らしさ。

上の階にいくほど浄土に近づくのか、壁の絵が穏やかになっていく。
でも全部小学校の卒業制作みたいなクオリティ。良いなココ。

どうやらプーシーから見る夕焼けが綺麗らしいので、再度登る。
まあまあでした。


■8/1
Tシャツがカビてた。
ビエンチャンで洗って、干す暇なく移動したのが原因。
今後は移動前は洗濯控えよう。

早朝、托鉢リベンジ。今日は間に合った。
俺も托鉢用ご飯を購入して待機。

空が白み始めた頃、托鉢僧の行列が。予想以上の行列。
購入した分はあっという間に無くなってしまった。

地元の人は大量にご飯準備してるけど、
それでもあの人数を賄えるのか?
そもそも形式だけで腹を満たすほどは求めてないのか?
謎だ。

昼、博物館に行ってみる。
戦後歌謡スターみたいな王族のブロマイドが興味深い。

この日は何を思ったか夕飯を大量食い。そしたら...


■8/2
腹がぶっ壊れた。夕方まで休養。
回復後、翌日からのスローボートのチケット購入。
んで伝統舞踊というか演劇というかを見に行く。
まあ想像の範囲内の物でした。
演奏も同じような曲連発。

夜、いつもと同じ屋台ビュッフェへ。
お腹をいたわりつつ食べてたら、「ヘーイ、ジャパニーズ」と。
振り返るとジェフとテシュ!
髪型で分かったとのこと。んー、My lucky hair!

二人に誘われて、ユートピアというバーへ。
先斗町みたいに、川の上にせり出した場所でゆったり。
2人に手ほどきを受けて、トランプで遊ぶ。
ゲーム名が分からんけど、かなり熱かった。

この時使ったトランプは、JQKじゃなくて、VDRだった。
これが地方札って呼ばれる奴か。何処のだろう。

閉店までうだうだしてからお別れ。

入院していました

入院していました。
以下詳細。

■9/18
カトマンズからポカラへバスで移動。
と思ったら、土砂崩れの為不通。
翌日に延期。
ウンコが出そうで出ない状況だったから、
ある意味助かったな、と前向きに考える事に。
宿に戻ったらすぐ出たし。セーフ。


■9/19
本日はバス問題なし。
しかし、何だか風邪っぽくて良くない。
バスに乗って移動開始後から、風邪の症状悪化。

朝食休憩時はとにかく寒かったので
ミルクティーだけ頂く。
ダルバートのビュッフェ的なものも有ったけど食指が伸びず。
バナナだけ食べる。

休憩後、1時間ほど走ったところでバス停止。
土砂崩れの模様。
先の様子でも見てこようと思ってバスを降りるが、
バスやトラックの大行列。
先頭は相当先っぽいので諦めてバスで休む。

3時間後、バス再始動。
それから悪寒ラッシュ。寒いけど汗だくな俺。
隣の人はすっごい暑そうにしてる。悪いが窓は開けないぜ。
開けたら寒すぎる。

到着時刻は不明。時計見る余裕もなし。
悪寒、咳、耳の痛み。

バスに居た日本人に、
「病で宿探す気力無いので、同じ宿ついて行っていいですか」
と尋ね、快諾して頂く。

結局客引きタクシーに乗せられ、一泊400ルピーの所へ。
日本人からポカリの粉末を頂く。
ほんと助かります!
夜は飯も食わず、汗だくで睡眠。


■9/20
起きるが体調思わしくない。
飯はカフェでスープなど頂く。


■9/21
まだ治らん。
フラフラと歩いてたら別宿の人に声かけられる。
今の所はWiFi使えないのが不満だったので
翌日からその宿に移動。300ルピー。
夕食は奮発して日本食レストランへ。
うどんとおにぎりを食す。
超回復したぜ!と思ったけどただの思い込みでした。


■9/22
きつい。
頭の中で、
I can't stand it anymore more
ってルーリードの声がループ。


■9/23
ネパールのビザ期限が25日迄だったので、15日延長。
最初から30日ビザにしとけば、と思わないでもないが、
病で倒れなかったら、サッサとインド行きたかったし仕方ない。


■9/24
流石に熱ひかなすぎるので、病院へ。
早く治す方法とゆっくり治す方法がある、と言われる。
当然早い方を選択。
そしたら入院。

まさか人生初入院がネパールとは...

胸部レントゲンと血液検査は病院内に設備が無いので
別場所に連れていかれて実施。

病院に戻り、部屋をあてがわれ、初めての点滴に緊張し、どうやら肺炎らしい、って事を言われる。

夜、病院の人が同じく入院している日本人を連れてきてくれる。
少々話して就寝。お大事に。

■9/25~9/28
入院生活。熱はひいたので相当楽に。
毎日点滴と注射、投薬。


■9/29
退院。健康って素晴らしい。
宿を250ルピーで確保。


まあこんな感じです。
今も薬飲んでるけど元気です。
耳の痛み、というか耳が詰まった様な感覚は治ってないけど、
医者曰く、そのうち治るとの事。

いやー、大変でした。

ビエンチャン~ルアンパバーン2

■7/29
朝6時ぐらいに目覚める。
バスは停車中。どうせトイレ休憩だろと思い、もう少し寝る。

8時ごろ、再度起きるがまだ動いてない様子。
何事かと思い、バスを降りて偵察。

土砂崩れ+ぬかるみで、あらゆる車が立ち往生。軍も出動。
これは時間かかるわ。バスに戻り、本など読んで時間つぶし。

泥濘

10時半ごろ、隣から声がかかる。
10人ぐらいで他のトラックに乗せてもらい、ルアンパバーンに向かうけどどうする?と。
このまま待っても進む気配がないので、ご一緒させてもらう。

少し先に止まっていたトラックを見て苦笑い。これは命を落とすかもしれん。

荷台

スペースが無いのでほぼ全員荷台に立っていざ出陣。
窮屈+悪路+急カーブ。
頼むからそんなにスピード出さないでくれ。道踏み外したらマジで助からんから。

途中、村のような所で停車。
子供たちが珍しそうにこちらを見てる。サバイディーって挨拶したら向こうもサバイディー。
飴をあげるなどして少々戯れる。

トラック再発進。
小さな村を何度も抜ける。みんな手をふると、ふり返してくれるのが心地よい。
道中のBGMは数名が熱唱し続けたラテン音楽。

荷台で我慢する事、約4時間。ルアンパバーン到着。
みんなと別れて、飯尾さんが言っていた宿を探す。が、見当たらん。
手当たり次第宿に聞いて周り、1泊50000キップのところに決定。

夜、ナイトマーケットを見に行く。雰囲気良いね。なんかお面とか欲しいし、土産に良さそうな物も色々あるが、とりあえず我慢。

飯食ってから、ハノイで話を聴いていたフルーツシェイクを飲む。噂にたがわず本当に美味しい。これまた毎日数杯飲む事に。

フルーツシェイクの元
07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

さとす

Author:さとす
精神的な引きこもり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。