スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の旅の目的地(今更

ここで唐突に今回の旅行の目的地とその理由をまとめてみる。


まずはメインの目的地四ヶ所。

1.トルコ
→Bunalimみたいなターキッシュサイケは聴けるのか。

2.アイルランド
→パブでアイリッシュミュージックを聞きまくりたい。

3.マリ
→ティナリウェン、サリフケイタとかを排出した、音楽的土壌をみたい。

4.チリ
→Congregacion / Viene...(超名盤)みたいな音楽をやっている人達は今いるのか。


次に優先度は下がるけど行きたい場所を順不同で。国名だったり都市名だったり。


・ニューオーリンズ
→多分世界で一番有名な音楽都市ではなかろうか。

・イラン
→クルクル回りつつトランス状態になるアレがみたい。

・アルゼンチン
→なんかロックのイメージ強い(適当)

・ミネアポリス
→ポールウェスターバーグ大好きなので。

・ジワタネホ
→「ショーシャンクの空で」でアンディが行った場所。

・インド
→アシュラムで瞑想したい。

・フランス
→理想宮みたい。


他にも行きたい場所、行く場所はたくさんある。
他の旅行者の話聞いてたら、どんどん行きたい場所増えてくるし。
でも予算も期間も限られてるから、結局のところ、何処を捨てるかっていう話に。
スポンサーサイト

トラベラーズチェック購入

出発を来週に控え、ダラダラした気持ちに鞭打ちつつ準備。
何はともあれお金。

メイン→国際キャッシュカード
サブ→T/C、クレカ

すでに国際キャッシュカードは作成済みなので本日はT/C購入。
以前どこかのサイトで郵便局では手数料1%で購入可能
って読んだ気がするんだけど、今は2%なんですね。

郵便局で購入してから気づいた。
セシールで買えば手数料1.5%だったと。

あぁもったいない。
もったいないけど買ってしまったものはしょうがない。
でももったいない。

吝嗇な私。でも良く調べない私。そして尾を引く私。嗚呼。

インドビザゲット

すなわち印度査証入手。
順不同でまとめとく。

・東京と大阪にインドビザ申請センターあり。
・郵送での受付は東京のみ。

・金額は1935円+返信用封筒に560円分の切手必要。
 大阪管轄地域に住んでる人が郵送で(つまり東京で)ゲットするには+500円必要。

・今回は以下を現金書留で送付。
 現金2435円+パスポート+返信用封筒+申請書+補足申請書+顔写真(真顔) 

・申請書は下記URLでDL。補足申請書も忘れずに。
 http://www.indianvisaatjapan.co.jp/visas_jp.html

・申請書の22番目のこれ、
 22. Name, phone and address of two references
 これは自分の名前、電話番号と
 家族1人の名前、電話番号だけ書けばOK。
 
 入国予定日やら入国地などは適当で良い。
 (陸路で入国予定でもDelhiとか書いといて問題なし)

・18日に郵便局に出して、27日に戻ってきたので、まぁ10日ほど。

・パスポートの髪型と今の髪型がまったく違うけど影響なし。

こんなとこかね。
無事にゲットできて何よりでござい。

インドビザ申請書

何が嫌いかっていったら、書類。
とにかく申請とか書類とか、心底げんなりするんです。
書類のせいで諦めたものも星の数ほど。

今回も心が折れそうだけど書いてますよ、インドのビザ申請書類を!

んで冒頭からインドの凄まじさを実感。
取得希望のビザの種類を丸で囲む、ってところに
「Yoga」の選択肢が。

ヨガビザ。

相変わらずの

いやー、相変わらず準備が足りないというか
動き出しが遅いというか、その両方だけど。

ようやく出発日決まったと思ったら
インドのビザは国内で取れよオラーってことになって
ビザ取得までまた延期。笑えねぇ。

でも苦笑。
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さとす

Author:さとす
精神的な引きこもり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。